笑い方で分かる人の心理

笑うことは、みんなを楽しくさせますし、
自分も楽しいから笑っている・・・ので、良い事ですね。

 

ですが、ヒトが笑うときの状況や気持ちは様々で、
笑い方もヒトによって異なります。

 

ですから、笑い方でその人の性格や気持ちを読み取ることができます。

 

フフフ・・・と含み笑い

 

感情のコントロールができる人は、「フフフ・・・」と含み笑いをします。

 

笑いながら、自分の表情に気を配ったり、周囲の表情を観察する余裕があります。

 

ただし、相手を小馬鹿にしていると感じさせることもあるので注意しなければなりません。

 

ハハハ・・・と豪快に笑う

 

ハハハ・・・と豪快に口を大きく開けて本当に楽しそうに笑うのは、
相手に心を開いている証拠です。

 

朗らかで冗談好きな人に多いのですが、
感情のコントロールが苦手で、
ストレートにモノを言ってしまうという欠点もある場合があります。

 

フンッと鼻で笑う

 

フンッと鼻で笑う人は、相手に馬鹿にしている態度だと思われます。

 

エリート意識が強く、鼻持ちならないと感じさせることが多いです。

 

よく笑う人

 

よく笑う人は、親和欲求が強い人です。

 

人と仲良くなりたい、いつも人と一緒にいたいと思っていて、
気持ちに余裕がある人です。

 

ガハハッ・・・と豪快に笑う人

 

ガハハハッ・・・と豪快に笑う人は、小さなことにこだわらない大らかな人が多いです。

 

ですが、不自然にガハハハッと笑う人は、劣等感や不安、
気の弱さを隠そうとしている心の現われであったりします。

 

相手を威嚇するときにも、わざと豪快に笑ってみせるなどします。

 

あまり笑わない人

 

あまり笑わない人は、いつも緊張した生活をしていて、
好奇心旺盛なタイプの人です。

 

競争心も強く、同僚や仲間にライバルを見つけ
張り合おうとしています。

 

貧乏揺すり

 

足を細かくゆする貧乏揺すりは、その振動を脳神経に伝える事で
緊張やストレスを和らげる効果があるといわれています。

 

イライラしているときや、緊張や不満を感じているときに、
貧乏ゆすりをすることが多いので、
相手が貧乏ゆすりをしていたら、その話はあまりしたくないという気持ちの表れかもしれません。